家づくりでの失敗は間取りやインテリアだけではありません。
費用の面でも失敗する人が多くいます。
予想外の出費に慌てない為にも、初めの段階で費用について把握する事が大切です。

■相談する事で防げる費用の失敗

費用の失敗は様々です。
保険について考えていなかったり、思ってたよりも色が薄かった、濃かったなどの他に土地に関して必要な経費を考えていなかったなどがあり、後で知ったり、予想をしていなかった人が多いのです。
ですが、それは最初の段階で予想する事も出来たハズです。
余裕がある人は少し多めに借りる事が出来ますが、そうでない人は始めにきちんと説明を受けたり、自分で勉強したりする事が大事です。
家を建てた事のある友人や家族などに話を聞くのも良いでしょう。

■失敗しない為に覚えておく事

費用で失敗しない為に以下の事を覚えて家づくりに生かしましょう。

・契約する際には内容をしっかりと確認する。自分だけではなく家族全員で確認しましょう。
・基礎工事や家の工事は内容を確認する事。
・本体工事だけではなく、諸費用についても考える。
・工事の追加などはその都度確認し、費用についてもしっかりと聞く。
・引っ越しの際に掛かる費用や仮住まいの際の金額も考える。
・カーテンやソファなどのインテリアや家電などの予算もあらかじめ計画しておきましょう。
・エクステリアの工事費用も最初に算出しておきましょう。


■家が完成した後の事もしっかり考えましょう

また、家づくりは税金なども問題も考えなければいけません。
不動産取得税や固定資産税などで、国に納めなければいけないので忘れずに算出しておく必要があります。
また、家はメンテナンスが大切です。
最初の段階では必要ありませんが、10年20年と暮らしていくうちに100~200万円くらいの費用が掛かります。
毎月貯金出来れば良いですが、難しい場合もあります。
なので、余裕のあるローンを組む事が大切です。
メンテナンスをしないと、大幅な工事になってしまい余計費用が掛かってしまう事も考えられるので、家の寿命を伸ばす為にもメンテナンスは必ず行いましょう。